「減価償却をして赤字」「減価償却をしなくて黒字」銀行はどう評価するのか?

カテゴリ:銀行融資

 

 

そもそも減価償却費とは

 

 

そもそも減価償却費とは建物や機械設備など、

企業が長期間にわたって利用する資産を購入した場合、

その購入価額をいったん資産として計上した後、

当該金額を資産の耐用年数にわたって規則的に費用として

配分される金額のことを言います。

 

 

 

減価償却費は決算書に乗せなくても問題はないのか

 

 

答えは、問題はありません。

 

 

会計上においては、企業会計原則において、

固定資産は対象資産の耐用年数に応じて、

定額法や定率法など一定の減価償却の方法によって、

その取得価額を各事業年度において費用計上しなければなりません。

 

 

しかし、

企業会計原則としては従わなければなりませんが、

法律として「減価償却費を計上しなければならない」という法律はなく、

従わなくても罰則などの規定がないのが現状です。

 

 

つまり、

「会計上は計上しましょう」「法律上は問題ありません」という

違いによって企業は「減価償却費を計上する」、「計上しない」の判断は

経営者に任せられているのが現状です。

 

 

 

銀行融資を受ける際はどっちが有利なのか

 

 

では、営業利益が「減価償却をしたら赤字」、「減価償却をしなければ黒字」

という企業があったとします。

 

この企業はどちらを選択するべきなのでしょうか?

 

 

通常の考え方は会計原則に則って減価償却を行って

赤字を出すことが当たり前です。

 

 

しかしながら、ここで「銀行融資」という条件が付くと

経営者の考え方は変わってしまいます。

 

 

その根底には

「赤字を出してしまうと銀行から融資が受けられない」

との考えがあります。

 

 

結果として「減価償却を行わないで黒字」を選択する経営者も多くいます。

 

 

 

では、銀行の立場からしたらどうなのでしょうか?

 

 

答えは「どちらも同じように見ている」です。

 

 

「減価償却をしないで黒字」を出した企業に対しては、

黒字であるというプラス評価よりも、減価償却を行っていないという

マイナス評価をする銀行の方が多いのが現状です。

 

銀行の決算書の見方は「実態ベース」で見ています。

 

 

 

分かりやすく言えば、

 

「不良資産は資産としてカウントしない」

 

「減価償却不足(未計上)があれば、その減価償却を加味して資産を見る」

 

ということです。

 

 

小手先の操作を行ったところで、銀行はすべてお見通しなのです。

 

 

 

つまり

「黒字に見せよう」という経営者の考え方に対しては

「決算上もなにか操作しているのではないか?」という印象を

受けてしまうのです。

 

 

不信感も持たれる可能性があるという点からすれば、

減価償却を計上して赤字を出した方が印象はいいでしょう。

金融機関の考え方として、1期のみの赤字は特段問題としません。

 

むしろ、今期どう改善するのかに注目しています。

 

 

 

銀行融資の審査では何に注目するのか

 

 

銀行の融資審査においては

「実態ベースの決算書」「返済原資」を見ています。

 

「実態ベースの決算書」は先程述べた通りです。

 

 

「返済原資」とは簡単に言えば「営業利益+減価償却費」で見ています。

 

つまり、減価償却費を計上しようが、しまいが、

返済原資は変わりがないということなのです。

 

 

であれば、

実態に限りなく近い決算書を提出する方が

銀行の印象は良いので、減価償却費を計上して赤字の決算書を

提出することをおすすめします。

 

 

 

↓こちらも良く読まれています。

――――――――――――――――――――――――――――

 

銀行の決算書の見方・実態バランスシートとは?

赤字会社であっても倒産しない理由とは?

銀行が考える適正な運転資金とは?

 

――――――――――――――――――――――――――――