銀行が考える適正な運転資金とは

カテゴリ:銀行融資

 

 

銀行の考える運転資金とは

 

 

銀行が考える運転資金とは

いったいどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

一概に運転資金と言っても銀行が考える運転資金(資金使途)は

「経常運転資金」「増加運転資金」「決算・賞与資金」「つなぎ資金」

「季節資金」「赤字補填資金」など数多くあります。

 

 

「経常運転資金」とは

 

企業が仕入れ・生産・販売といった企業活動、営業活動を行う場合に

必要になる資金のことを言います。

 

銀行はこの経常運転資金を「売上債権+棚卸資産‐買入債務」で計算をします。

 

 

 

「増加運転資金」とは

 

増加運転資金とは売上の増加に伴う仕入増加による必要資金です。

 

 

 

「決算・賞与資金」とは

 

納税資金や配当金支払の為の資金や、

役員賞与の支払いのための資金があります。

ポイントは納税資金も資金使途としては認められているという点です。

 

 

 

「つなぎ資金」とは

 

支払いが先行するものの、売上代金や資産の売却代金の入金や

他の銀行からの借入が確定している場合に、

先行する支払いの為に利用する資金を「つなぎ資金」と言います。

 

 

 

「季節資金」とは

 

季節性のある製品や商品を取り扱っている企業の場合、

毎年特定の時期に運転資金の需要が発生するような際の資金を

「季節資金」と言います。

 

 

 

「赤字補填資金」とは

 

こちらは銀行としてはあまり前向きに取り組みたくはない資金です。

 

売掛金が焦げ付きや、信用力の低下により買掛先から早期資金の回収など、

突発的な原因で起こる資金を「赤字補填資金」と言います。

 

一時的な資金需要については対応して頂けるケースが多いです。

 

 

こちらは、慢性的な赤字の場合は

金融機関も取り扱ってはくれないケースあります。

 

 

 

銀行の考える適正な運転資金とは

 

 

銀行が考える適正な運転資金とは「所要運転資金」という考え方があります。

 

 

この「所要運転資金」とは、経常運転資金と同様に、

通常の営業活動上、必ず必要な資金のことを言います。

 

 

通常、企業は物を仕入れて(資金を支払)、商品を製造し、

販売する(売上として入金)までに一定の期間、資金が眠っている状況があります。

 

 

この期間の資金は営業活動上、必ず必要な資金として銀行は見なしているのです。

 

これを「所要運転資金」と言います。

 

 

計算式は

 

「受取手形+売掛債権+棚卸資産」‐「支払手形+買掛金」

 

で求めることができます。

 

 

注意点としては

「回収の見込みがない売掛債権」「不良棚卸資産」はこの計算からは除外してください。

 

 

銀行の審査上は、

適正な「受取手形」「売掛金」「棚卸」「支払手形」「買掛金」は、

業界の平均回転率で計算されるケースが多く、それを超えるものに関しては

減額(実態で)してみていることが多いです。

 

 

仮に業界平均よりも回収期間が長いなど、自社特有の取引形態があるのであれば、

あらかじめ担当者に説明しておいた方が、銀行融資の審査上では有利に働くでしょう。

 

 

つまり、

所要運転資金の範囲内であれば資金使途も明確である為、

銀行融資は受けやすいと言えます。

 

 

まずは自社の所要運転資金がどの程度なのか,

決算書から計算をしてみてください。

 

 

↓こちらも良く読まれています。

――――――――――――――――――――――――――――

 

銀行が気にする「債務償還年数」と「格付け」とは

「減価償却をして赤字」「減価償却をしなくて黒字」銀行はどう評価するのか?

赤字会社であっても倒産しない理由とは?

 ・知っておかないと損をする「銀行融資の審査基準」とは?

 

――――――――――――――――――――――――――――