融資の返済条件は経営状況によって変更できるのでしょうか?

カテゴリ:銀行融資

融資の返済条件は経営状況次第で変更できるのか?

 

経営状況が悪くなると、融資の返済が資金繰りを圧迫してきます。

 

 

もう少し融資の返済条件が楽になればいいのに…

と思ったことはありませんか?

 

 

実は銀行に相談することで、経営状況の変化による

融資の返済条件の変更が可能な場合があります。

 

 

融資の返済条件を変更して資金繰りが改善できれば、

経営状況の改善に集中することができます。

 

 

 

融資の返済条件の変更についての注意点

 

 

 

融資の返済条件を変更する申し出をする場合、まず資金繰りを分析して、

どれだけ融資の返済に充てられるかを確認する必要があります。

 

 

それに基づき、融資の返済条件の変更に応じることで資金繰りや

経営状況が改善し、融資が完済されるということを、銀行に

資金繰り実績・予定表、経営改善計画書、返済計画書などを

提出して申し出ます。

 

 

もし、融資の返済条件を変更しても

・    資金繰りが改善しない、

・    経営状況の改善が見込めない

と判断されると融資の返済条件の

変更を断られるため、注意が必要です。

 

 

また、複数の銀行から融資を受けている場合は、すべての融資について

返済条件の変更を申し込む方が公平であり、融資をした銀行の心象も良いでしょう。

 

 

当然ですが、融資の返済条件を変更した場合、

融資の返済期間は延びることになります。

 

 

また、負担を減らすために融資の返済条件を変更したわけですから、

その間に追加で融資を受けることは基本的にできません。

 

 

他の銀行に対しても同様で、追加融資を受けようとしても

融資の審査を通ることは難しくなります。

 

 

追加融資が可能になるのは、たいてい、融資の返済条件が

通常のものに戻ってから半年から1年程度あとです。

 

 

更に、融資の返済条件について二度目の変更は難しくなっています。

 

つまり、返済条件を変更する際は、変更後、最低1年程度の資金繰りを把握して

銀行に依頼する必要があります。

 

今後の融資と経営状況をしっかりと検討し、慎重に判断して下さい。