銀行から融資を受けるためのキャッシュフロー作成のポイントとは?

カテゴリ:銀行融資

 

 

銀行からの融資において重要なキャッシュフロー

 

 

 

銀行から融資を受ける際の審査は、特に中小企業にとっては大変なものです。

 

 

この際、銀行にキャッシュフローを示すことが融資を受ける上で

有利になると言われています。

 

 

では、銀行から融資を受けるために重要な

キャッシュフロー作成のポイントとは何でしょうか?

 

 

キャッシュフローは、営業、投資、財務の3項目で計算されます。

 

 

融資を受ける際の審査で銀行が注目するのが営業キャッシュフローで、

営業活動からどれだけの資金が生み出されるかを示している項目です。

 

 

なぜ銀行が融資をする際に注目するかというと、

この営業キャッシュフローが銀行から融資を受けた際の返済原資となるからです。

 

 

原則的にプラスである必要があり、マイナスの状態だと会社のキャッシュが

減りますので、銀行から融資を受けにくくなります。

 

 

まずはこの営業キャッシュフローをプラスとすることが、

銀行から融資を受けるための条件となります。

 

 

 

銀行融資の借入高と営業キャッシュフロー

 

 

融資をする銀行がもうひとつチェックする点が、債務償還年数です。

 

 

これは、銀行から受けた

融資の借入残高が営業キャッシュフロー何年分で返済できるかを計算したもので、

「銀行融資の借入残高」/営業キャッシュフロー」となります。

 

 

この債務償還年数が10年以内であれば、銀行は「返済能力あり」

として融資を受けつける可能性が高くなります。

 

 

逆に、

10年以上であれば、銀行は融資を受けつけにくくなります。

 

 

これを改善するためには、銀行融資の借入残高を減らしたり、

営業キャッシュフローを増やす必要があります。

 

 

↓こちらも良く読まれています。

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

なぜ在庫削減をするとキャッシュフローが改善されるのか?

キャッシュフロー経営の重要性とメリットとは?

資金繰り緊急時の支払い優先順位とは?

 

――――――――――――――――――――――――――――――――