経営が悪化した時に、はじめに取り組むべき資金繰り改善とは?

カテゴリ:資金繰り

 

 

最近、中小企業におけるキャッシュフロー経営の重要性について

耳にすることが多くなりました。

 

 

キャッシュフロー経営の重要性とは一体何なのでしょうか?

 

 

 

経営悪化に対して、はじめに取り組むべき資金繰り改善は

 

 

経営悪化のせいで資金繰りが立ち行かなくなって、倒産してしまう。

 

 

これは経営者の方なら誰もが考えたことのある、

最悪のパターンではないでしょうか。

 

 

売上の不振、無計画な借入、過大な設備投資、在庫の増加などなど…

 

経営悪化や資金繰り悪化には様々な理由があります。

 

 

もしこのような経営悪化に気づいたとき、

経営者はどのような資金繰り改善を行えばよいでしょうか。

 

 

経営悪化に陥ったときに大切なのは、

なるべく早く経営悪化の原因を把握することです。

 

 

危機的状況になってしまうまでの時間が短ければ短いほど、

資金の調達や交渉など、資金繰りの改善は難しくなります。

 

 

よって、経営悪化の原因を正確に把握するために、

まずはじめに「資金繰り表」を作成します。

 

 

 

資金繰り表で経営悪化の原因をしっかり把握して対策を

 

 

資金繰り表とは、売上金・借入金のような項目別に、

一定の期間ごとにすべての資金収入と資金支出とをそれぞれ分類・集計し、

資金過不足の状況や資金調達、繰越金の状況などをまとめたものです。

 

 

この資金繰り表を作成することで、今後、資金不足に陥るのが

いつ頃なのかという時期を予測することができます。

 

 

また、売上・経費・投資・借入の内訳やバランスから、経営悪化

の原因がどこにあるのかを分析することができます。

 

 

これにより、経営悪化の原因にあった対策をとることで資金繰り

を改善することができます。

 

 

 

また、常にこの資金繰り表を作成し意識した経営を行なうことで、

事前に危機的状況を把握して経営悪化を防ぐことができるのです。

 

 

↓こちらも良く読まれています。

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

銀行融資を得るための事業計画書の作り方とは

資金繰り緊急時の支払い優先順位とは?

なぜ在庫削減をするとキャッシュフローが改善されるのか?

キャッシュフロー経営の重要性とメリットとは?

 

――――――――――――――――――――――――――――――――