知っておかないと損をする「銀行融資の審査基準」とは?

カテゴリ:銀行融資

 

 

銀行融資の審査基準は何か

 

 

 

銀行融資における審査基準はいったいどんなものなのか…

 

 

 

気になる方は多いのではないでしょうか。

 

 

 

銀行融資における審査基準は主に

 

・  「返済が可能な財務状況であるか(返済能力があるか)」と

・  「返済が滞った場合に回収できるか(担保・保証能力があるか)」

 

2点です。

 

 

 

これを審査するために、財務諸表から、

現在の財務状況を確認するのです。

 

 

 

審査基準を考慮して銀行融資を受けるために

 

 

 

銀行融資を受けるには、

審査基準である返済能力を示さなければなりません。

 

 

 

銀行融資の審査基準の判断は、

財務諸表などの定量評価が8割

そのほかの要因が2割程度だといわれています。

 

 

 

まず、定量評価で銀行融資を受けられる

審査基準にあることが重要なのです。

 

 

 

そのため、

まず債務超過や赤字がなく、債務者区分が良好で借入可能な

財務状況であることが銀行融資の審査基準を通る要因となります。

 

 

 

また、借入金の返済に3ヶ月以上の延滞があったり、

リスケジュールによって返済金額を変更した状態である場合には、

返済能力に問題がある状態だと判断され、

銀行融資の審査基準をクリアすることができません。

 

 

 

返済能力を評価する上で重要なのがキャッシュフローです。

 

 

 

一般に銀行融資の審査基準において、一年間に返済できる金額は

営業活動から得られる営業キャッシュフローを基準に考慮されます。

 

 

 

これによって、

借入金が10年以内に返済される(債務償還年数が

10年以内)という状態であれば、返済能力ありと判断できます。

 

 

 

逆に、

これが10年を超える金額の融資

大きすぎると考えられるのです。

 

 

 

最後に、銀行融資に対して価値のしっかりした担保があれば、

万一返済が滞った際に保証されるため、

審査基準をクリアするのに有利です。

 

 

 

これらの審査基準を考慮して、

銀行融資の申請をしなければなりません。

 

 

 

↓こちらも良く読まれています。

————————————————————————————

 

銀行融資を得るための事業計画書の作り方とは?

銀行が融資を絞ろうとする時の行動1/2 

債務者区分の判定はどのようにして決まるのでしょうか?

銀行「格付け」と「融資」の関係とは?

 

連帯保証債務を外したい経営者様・財務ご担当者様へ
↓↓↓↓↓↓
連帯保証を外すための要件が分かる診断サービス 

 

————————————————————————————