銀行がうるさい減価償却不足をどう処理をすればいいのでしょうか?

カテゴリ:資金繰り

 

 

銀行は減価償却不足の処理をどうみるか

 

 

「減価償却額を限度額以下で計上し、

来期にその不足額を計上しようとした、などで

融資の審査で、銀行から減価償却不足の処理を

厳しく指摘されてしまった…」

 

 

 

このような経験のある方はいらっしゃいませんか?

 

 

 

近年、特に銀行はこの減価償却不足の処理に対して厳しくチェック・指摘を

行なっている傾向にあるようで、例え決算書が黒字であっても、

この処理の指摘でマイナス評価をされたという例もあります。

 

 

 

なぜ、減価償却不足の処理で銀行から指摘を受けるのでしょうか?

 

 

 

 

そもそも減価償却不足での処理は違反であるのかといえば、

そうではありません。

 

 

 

現在、税法では減価償却の処理は「任意償却」といって、

減価償却費を計上するかどうかは各自に任されています。

 

 

 

会計上では耐用年数に応じて減価償却費を計上して処理するように

指導されていますが、法律上は減価償却不足で処理しても違反では

ないのです。

 

 

 

そのため、減価償却費を計上処理せずに経費を削減して黒字にしたり、

計上処理することで黒字を圧縮して節税する、といった手法が多くの

企業で広がりました。

 

 

 

そのため、銀行はこのような減価償却不足の処理を見ると、数字上の

ごまかしではないかと感じてマイナス評価を行なう傾向にあるようです。

 

 

減価償却不足がおこらないような処理を

 

 

では決算書が重要な銀行融資において、「減価償却不足の処理で黒字」

と「減価償却費計上の処理で赤字」ではどちらのほうが有利となるのでしょうか?

 

 

 

結論から言えば、どちらも変わりません。

 

 

  「減価償却をして赤字」「減価償却をしなくて黒字」銀行はどう評価するのか?

 

 

 

銀行は決算書を実態ベースで見ていますので、減価償却不足の処理の

ような数字上の黒字は意味がありません。

 

 

  銀行の決算書の見方・実態バランスシートとは

 

 

そのため、先述のような処理に対するマイナス評価の方が

大きく関わってしまいます。

 

 

 

銀行融資を考えるならば、減価償却費は会計上の処理に従い、耐用年数に

応じてきちんと計上処理するのが良いと考えられるのです。

 

 

↓こちらも良く読まれています。

――――――――――――――――――――――――――――

 

銀行が考える適正な運転資金とは

銀行が気にする「債務償還年数」と「格付け」とは

知っておかないと損をする「銀行融資の審査基準」とは?

銀行融資を得るための事業計画書の作り方とは

 

――――――――――――――――――――――――――――