押さえておくべき銀行融資とビジネスローンの違いについて

カテゴリ:資金繰り

 

銀行融資とビジネスローンの違いとは

 

 

銀行融資とビジネスローンは、

ともに企業へ融資をしてくれる頼れる相手です。

 

 

 

しかし、それぞれ違う特徴を持った融資であることをご存知でしょうか?

 

 

 

もともと、ビジネスローンも銀行融資の種類の一つで、

なかなか銀行融資がとれない中小企業や個人事業者向けに

審査や条件を簡易化し、融資を受けやすくしたものです。

 

 

 

そのため、ビジネスローンと銀行融資の大きな違いは、

「不動産などの物的担保や第三者の連帯保証人が必要ない」点にあります。

 

 

 

また、審査も簡略化されているため、銀行融資に比べて融資決定

までの期間が短く、場合によっては即日融資される場合もあります。

 

 

 

また、現在ビジネスローンを提供しているのは銀行だけでなく、

消費者金融などのノンバンク系によるものも多くなっていることが

銀行融資との違いの一つでもあります。

 

 

ビジネスローンを受ける際に注意すべき銀行融資との違い

 

 

 

また、ビジネスローンを受けるにあたって、

注意すべき銀行融資との違いがあります。

 

 

 

それは、銀行融資に比べて融資上限が低く、

金利が高いという特徴です。

 

 

 

これは、無担保であること、また信用度の低い中小企業相手の融資で

あることから、しっかりと審査をしてリスク保証をする銀行融資に対して

貸し倒れのリスクが高くなることがその理由です。

 

 

 

さらに、銀行融資よりも返済条件が厳しい場合が多く、

融通を利かせてくれない点なども注意が必要です。

 

 

 

このようにビジネスローンは「銀行融資が受けられない企業」向けの

融資であり、これを受けると逆に銀行へ悪印象を与える場合もあるため、

しっかりとその融資の必要性を考慮した上で受けるようにしましょう。

 

 

 

↓こちらも良く読まれています。

――――――――――――――――――――――――――――

 

運転資金としてビジネスローンを利用する際の注意点

社長の自宅(個人資産)が担保に要求されたときの対処法とは?

締日、支払日の設定を変えるだけで資金繰りを改善する方法とは?

まだまだできる、経費の見直し方法とは?

 

――――――――――――――――――――――――――――