リスケジュールしている企業の資金調達法とは 1/2

カテゴリ:銀行融資

 

今回のコラムは中小企業と金融機関 銀行取引対応編

「リスケジュールしている企業の資金調達法とは」についてお伝えします。

 

 

いざというときの第2の資金調達

 

 

私は事業再生コンサルタントという、資金繰りに窮している

中小・零細企業の危機を回避し、再生させていく仕事を行っていますが、

そのなかでよく使うのが、「第2の資金調達」という方法です。

 

 

資金繰りが厳しい企業は、銀行から新たな融資を受けることが困難な状態にあり、

一方で既存の融資の返済負担が大きくのしかかっているため、

リスケジュール、つまり融資の返済の減額や猶予を行い、

資金繰りが回るようにする必要があります。

 

 

リスケジュールを行っている銀行では融資を受けることは困難となり、

そのような企業は、保有している現金預金が少なくなっているのが常で、

これから会社を再生させていくというときにやはり軍資金はある程度確保したいわけです。

 

 

そこで、「第2の資金調達」を行います。

 

 

 

「第2の資金調達とは」

 

 

「第2の資金調達」とは、銀行からは新たな融資が受けられないが、

そのような状態でも受けられる別の融資のことを言います。

 

 

それは、売掛債権担保融資、不動産担保融資、という方法があります。

 

 

また特に運輸業などは、その保有している車輛のリースバックという方法を

取ることもできます。

 

 

今回はこれら3つについて順に説明していきたいと思います。

 

 

 

売掛債権担保融資

 

 

これは文字どおり、売掛金を担保に融資を受ける、という方法です。

 

 

売掛金にもいろいろな性質があります。

 

 

1回限りのスポットの取引もあれば、継続的取引もあります。

継続的取引とは、継続的に商品を卸している、継続的に仕事を受注している、などです。

 

 

継続的取引であれば、常に一定の売掛金がその得意先に対して存在する状況となります。

 

またそのような得意先がたくさんあれば、それらを束ねて、

常に一定の売掛金が存在する、という状況となります。

 

 

常に一定の売掛金が存在するのであれば、それは担保として考えることができます。

 

 

売掛債権担保融資を行うノンバンクにて、この融資を受けられますが、

銀行から融資を受ける場合に比べて、金利は高くなります。

 

 

しかし銀行でリスケジュールを行っている状態でも融資を受けることが可能であり、

企業にとっては貴重な資金調達手段の1つとなります。

 

 

また信用保証協会にも、売掛債権担保融資保証制度がありますが、

要件はかなり厳しく、リスケジュールを行っている企業へは融資困難であり、

また売掛債権担保融資は売掛金の状況を絶えず把握しておかなければならないため、

銀行員も面倒くさがることが多いです。

 

 

売掛債権担保融資を行うノンバンクは慣れているため、

それを問題とすることはありません。

 

 

当社でも、顧問先企業の多くで、この方法で資金調達に成功しています。

 

 

今までは担保として考えることが少なかった売掛金を新たな担保にできるため

資金調達手段の幅が広がります。

 

 

次回は「リスケジュールしている企業の資金調達法とは 2/2」では

「不動産担保融資」と「車輛のリースバック」についてお伝え致します。