金融機関の使い分け方(1)

カテゴリ:銀行融資

コラム「中小企業と金融機関」銀行取引対応編

 

 

今回のコラムは「金融機関の使い分け方」についてです。

 

 

中小企業における資金調達の手法

 

 

中小企業が融資を受けるには、次の3つの金融機関が考えられます。

 

 

①    銀行(信用金庫・信用組合も含む)

 

②    政府系金融機関

 

③    ノンバンク

 

 

それではそれぞれの特徴を見ていきましょう

 

 

銀行(信用金庫・信用組合も含む)

 

 

融資には、プロパー融資、信用保証協会付融資、があります。

 

信用保証協会は各都道府県に1つ以上あり、銀行が行う融資に保証を付けます。

 

保証は融資全額の8割(制度によっては10割)に付けますので、銀行とすれば、保証協会の保証が付いたら融資は出やすくなります。

 

また保証協会の保証が付かない融資をプロパー融資と言います。

 

保証協会には、その保証により中小企業が融資を受けやすくするという役割があります。

 

そのため銀行がプロパー融資で出すより、保証協会の保証審査は緩くなります。

 

そして保証協会の保証が付くのであれば銀行の融資審査は通りやすくなります。

 

そのため中小企業は創業後、まず保証協会付融資から始めるのが普通です。

 

そして企業の信用が付いてきたら、プロパー融資を受けられるようにしていきます。

 

 

政府系金融機関

 

 

政府系金融機関には、日本政策金融公庫(日本公庫)と、商工組合中央金庫があります。

 

また日本政策金融公庫には、「国民生活事業」「中小企業事業」「農林水産事業」の3つの事業があります。

 

特に中小企業にとって、活用する機会が多いのは、日本政策金融公庫の国民生活事業です。

 

しかしその融資には限度があるため、企業が融資を多く受けられるようにするためには、日本政策金融公庫はあくまで民間銀行の補完として考えるとよいでしょう。

 

最近は設備投資などで、民間銀行では全額カバーできない部分を日本政策金融公庫が補完するという協調融資を行うケースも増えてきています。

 

 

ノンバンク

 

 

ノンバンクは、数百万円まで小口の融資を専門にしたり、売掛債権担保融資や不動産担保融資を専門にしたりするなど、それぞれ特徴があります。

 

以前でしたらノンバンクのなかに商工ローンがあり、商工ローンは取立が厳しいイメージがありましたが、利息の過払い請求をきっかけに多くの商工ローンは淘汰され、今ではノンバンクの全体のイメージは良くなりつつあります。

 

しかし、金利が民間の銀行に比べ高いのが特徴で、4~15%の金利となっています。

 

民間の銀行で融資を受けられるのであれば、なるべくノンバンクは避けた方が良いでしょう。

 

しかし、民間の銀行から融資が困難な企業で、一時的な立替などのつなぎ資金、またリスケジュール企業が再生に向けて現金を潤沢にするための資金が必要なときなど、ここぞという使い方ができます。

 

一概に、ノンバンクは使ってはいけない、金利が高いから嫌だというイメージもありますが、融資実行までのスピードや融資の枠を設定して頂き、その中での利用が可能な融資であれば、上手に利用すれば、金利以上のメリットを享受できる可能性もあります。

 

何でも使い方1つで良くも悪くもなるものです。

 

以上のように、それぞれの金融機関の特徴を覚えて、うまく融資を受けられるようにしておきたいものです。