銀行にクレームを言うには 2/2

カテゴリ:その他

 

 

 

今回は「中小企業と金融機関」銀行取引対応編

「銀行にクレームを言うには 2/2」です。

 「銀行にクレームを言うには 1/2」はこちらから

 

 

具体的な事例

 

 

例えば、あなたの会社担当の銀行員に融資の申込みをした場合。

 

その銀行員から「融資は通りますから安心してください。」と言われたとします。

 

 

しかし融資審査を行う前に融資が通ると企業に伝えることは、

断定的判断の提供の禁止と言って、銀行内部では禁止されていることです。

 

 

もしあなたの会社が、融資申込み時に銀行員から融資は通ると言われて、

その後融資審査が通らなかったら、クレームを言ってよいわけです。

 

 

企業側としては、融資が通ると言われて資金繰りを組んでいるのに、

後で融資が出ないと言われても、困ることになります。

 

 

その場合、その銀行員といくら仲良くなっていたとしても、心を鬼にして

「融資は通ると言われて資金繰りを組んでいるのに、今さら融資は通らないと

言われてもこっちは困ってしまう。上司と話をさせて。」

とその銀行員に言います。

 

 

それで上司に隠そうとする銀行員であれば、その上司に直接クレームを言ってよいでしょう。

 

 

なお、

このような時のために、あなたの会社を担当する銀行員だけではなく、

その上司や、他、融資係長や副支店長、支店長など、その支店の何人かと、

名刺交換をしておくとよいでしょう。

 

 

 

平の銀行員の上司はその管理職、管理職の上司は支店長となります。

 

また、その支店自体が問題を隠そうとする場合があります。

 

この場合は、本部にクレームを言うようにします。

 

 

銀行のホームページやディスクロージャー誌に、問合せ窓口の電話番号が出ています。

 

 

 

ただしクレーマーは嫌われる

 

 

なお、

クレームでも、正当なクレームではなく不当なクレームをつけてくる

クレーマーは、嫌われます。

 

 

「なんで、こちらの言う時間に来てくれないのか?」

「なんで、こちらの希望どおりに、融資を出せないのだ?」

「こちらが言わなくても、訪問のときはいつも粗品を持ってくるのが当たり前でしょ?」

 

 

銀行員も、人の子です。

 

 

自分が悪いのならまだしも、言いがかりとしか思えないような文句を

企業から言われたら、気分を悪くします。

 

 

そうなると、その会社への接触を避けるようになります。

 

 

また融資審査の稟議書も、力を入れて書いてくれなくなります。

 

 

文句ばっかり言ってくる会社は、銀行の支店内でも、

「あそこは気をつけろよ」と、言われています。

 

 

担当の銀行員が転勤になるとき、次の担当者に引継ぎしますが、

「ここの会社は注意するように」ということが、引継ぎ表に書かれます。

 

 

例えば

冒頭に記載の、午前11時30分から3分遅れたら怒鳴ってきた方は、私は前の担当者から、

 

「毎月○日の午前11時30分に、玄関のチャイムを押すように。

1分遅くても早くてもだめまた必ず粗品を 持っていくように。

もし不在であればアリバイ作りのため、名刺の裏に「本日11時30分訪問しました。」

と書いて玄関ポストに入れておくように。」

 

ということを文章で引き継いだのです。

 

 

クレーマーの体質がある企業は、銀行側は5年も、10年も、

警戒するようになりますそのような会社は、怖くて融資の提案などできません。

 

 

もし希望通りの融資が出なかったらクレームをつけられるのがこわいからです。

 

 

しかし、

銀行員が問題を起こした場合の正当なクレームは、泣き寝入りするのではなく、

銀行にクレームを言うべきです。

 

 

そして上司に出てきてもらうべき時は、

今回述べたやり方で出てきてもらうようにしてください。

 

 

こちらも併せてお読みください。

 ↓ ↓ ↓

銀行にクレームを言うには 1/2