手形が決済できない時の具体的な対処法とは?

カテゴリ:資金繰り

 

 

前回は資金繰り緊急時の支払い優先順位のつけ方についてお伝えしました。

今回は振り出した手形が決済できない場合の具体的な対処法についてお伝えします。

 

 

不渡り回避の切り札

 

 

振り出した手形が支払期日に資金不足となったら決済できず、不渡りとなります。

 

不渡りが6ヶ月以内に2回起こったら銀行取引停止処分となり、

その当座預金は使えず、金融機関から融資も受けられなくなり、

事実上倒産となります。

 

 

もしあなたの会社が手形を振り出し、その支払期日に

当座預金の残高が不足し手形決済ができないことが見込まれる場合、

手形を受け取った企業に頼みこんで、手形を新しい支払期日のものに

差し替えてもらうしか、不渡り回避の道はありません。

 

 

これを手形ジャンプと言います。

 

 

毎月、仕入や外注が発生する先であれば、

毎月、その先に手形を振り出します。

 

 

受け取った方としては、手形ジャンプを断って

その手形が不渡りになれば多くの貸倒れが発生するため、

手形ジャンプの依頼を受けざるをえないと考えることがあります。

 

 

手形ジャンプを頼む場合は自社の資金繰り表を相手に見せ、

新しい支払期日であれば手形は確実に決済されると確信してもらうようにするなど、

手形ジャンプの謝罪とともに誠意をもって交渉にあたることです。

 

 

また、手形を受け取った企業は、その手形を金融機関へ手形割引したり、

支払手段としてその手形を支払先へ裏書譲渡したりするかもしれません。

 

 

手形ジャンプを依頼する時期が遅くなればなるほど、

その手形が割引や裏書譲渡される可能性が高くなります。

 

 

そのため手形ジャンプを依頼する時期は早いにこしたことはありません。

 

手形ジャンプを依頼された方は、すでにその手形を割引や裏書譲渡していたら、

それを取り戻すのは大変です。

 

 

 

手形を受け取る側の対処法は?

 

 

一方、あなたの会社が手形を受け取った側である場合です。

 

手形を振り出した企業から手形ジャンプを頼まれたら、

どう対応したらよいのでしょうか。

 

 

手形ジャンプを頼むということは、

その企業の資金繰りが厳しい、ということです。

 

 

その企業が、他の支払いを止めてもまだ資金繰りが回らない場合に

やっと手を付けるのが手形のジャンプであり、できれば拒否したいところです。

 

 

またその企業は、他の振り出し先にも手形ジャンプを依頼するべきであり、

他の振り出し先も同様に手形ジャンプに応じているか、確認することが重要です。

 

 

他の振り出し先がまだ手形ジャンプに応じていない場合、

まずはそちらに頼んでくれと話しましょう。

 

 

また、手形ジャンプに応じるにしても、新しい手形は支払期日が

延びることによる金利分を上乗せした金額としてもらったり、

手形を分けて早い時期に支払える金額は早い支払期日にしてもらったりと、

交渉をしていきます。

 

 

また、保証人をつけてもらうことも考えてみましょう。

 

手形の表面に保証人の署名・捺印をもらったり(これを手形保証と言います)、

手形の裏書人を増やしてもらったりしてください。

 

 

 

具体的事例

 

————————————————————- 

 

4月30日 A社がB社に手形を振り出し、

手形の支払期日は7月31日である。

 

7月15日に、7月31日の手形決済が資金不足により

資金繰りが回らないことがほぼ確実となり、

A社はB社に手形ジャンプを要請

 

9月15日を新しい期日とした手形と差し替えを行う。

 

 ————————————————————-

 

何度もお伝えしていますが、

手形ジャンプは基本的に行わないようにしましょう。

 

 

考えてみてください。

 

 

もしA社から25日入金で従業員の給与と買掛金の支払いを

行おうと予定していたとします。

 

それが20日にその支払を伸ばして欲しいと言われたらどうですか?

 

支払延期をするということは相手方は入金が延びてしまうということです。

 

 

もし、仕方がなく手形ジャンプを依頼するにしても

最低でも1ヶ月前にはそのようになる可能性があるということだけでも

相手方にお伝えしておくべきです。

 

 

相手方に入金の遅れに対し資金繰りの備えをする期間を作って頂くことが

最大限の誠意 であると思います。

 

 

裏を返せば、 

1ヶ月先程度の資金繰りというのは見える形にしておくべき です。

 

 

そのような中で、「いつまでに支払いができるのか」という根拠資料や

資金繰り表をもとにお願いに上がるようにしましょう。

 

 

電話ではなく、必ずお伺いすることが望ましいです。

 

それも1つの誠意ですよ。

 

 

↓こちらも良く読まれています。

――――――――――――――――――――――――――――

 

資金繰り緊急時の支払い優先順位とは?

受取手形の上手な3つの活用法とは?

自社手形が不渡り寸前となった場合のギリギリの策とは?

――――――――――――――――――――――――――――