在庫増加で資金繰りが悪化する3つの原因とは?

カテゴリ:資金繰り

 

 

コラム「資金繰り改善のポイントとは」

 

 

「緊急事態の資金繰り対応」についてです。

 

「資金不足の原因と解決策」編

 

今回は「在庫増加で資金繰り悪化する3つの原因とは?」についてお伝えします。

 

 

在庫管理を徹底しよう

 

 

在庫金額が大きくなっていけば、それだけ企業は、現金化されていない資産が大きくなり、

資金繰りが厳しくなります。

 

在庫金額の適正値を分析するには在庫金額について、3年以上、並べて考えてみます。

 

また在庫は、売上原価に対して何ヶ月分あるかで考えてみましょう。

 

 

3期並べで見る指標は

 

 

「売上原価(年)」「売上原価(月)」「棚卸資産」

 

 

「棚卸資産は月売上原価の何ヶ月分あるか(棚卸資産÷月売上原価)」

 

 

です。

 

 

在庫が年々増えていれば、それだけ資金繰りは厳しくなります。

 

なぜ在庫が増えているのか、その原因を分析してみます。

 

 

1.売れない商品を多く仕入れている

 

 

2.不在在庫が多くなっている

 

 

3.在庫管理が行き届いていない

 

 

それでは個別に見ていきましょう。

 

 

売れない商品を多く仕入れている

 

 

商品を仕入れれば売れるだろうと、手当り次第に商品を仕入れてしまえば、売れない商品を

多く抱えることになってしまいます。

 

またその売れない状態が長く続けば、その商品は不良在庫となり、会社にとって大変な重荷

となり資金繰りが厳しくなってしまいます。

 

 

不良在庫が多くなっている

 

 

それぞれの在庫を、いつ仕入れたものかを見るようにします。

 

在庫として売れずに長期間経ってしまっているものを不良在庫と言います。

 

不良在庫となる原因には、次のようなものがあります。

 

 

・流行に後れてしまった

 

・食品の場合、賞味期限切れ、消費期限切れになってしまった

 

・季節外れとなってしまった

 

・需要予測を誤り、過剰に作ってしまった、過剰に仕入れてしまった

 

 

不良在庫の増加も、仕入れた商品を現金化できないため、資金繰りは厳しくなる原因となります。

 

 

在庫管理が行き届いていない

 

 

長期間放置したままの在庫と、同じ商品を仕入れてしまうことがあります。

 

これぞ、在庫管理ができていないことの結果、と言えます。

 

在庫は、常にどの商品、どの原材料がどれだけあるか、把握できる状態に

しておかなければなりません。

 

これができていなければ、同じ商品、同じ原材料を過剰に仕入れてしまうことにも

なりかねません。

 

 

このように、なぜ在庫を多くなっているか、原因を把握したら、次に考えることは、

どうやってその在庫を減少させていくか、です。

 

在庫は、さばけないまま放置していては、いろいろなコストがかかります。

 

経年劣化により古くなり、ますます売りづらくなる、倉庫代がかかる、

在庫管理の人件費がかかる、などです。

 

そのため、場合によっては、仕入価格より安くなってもそれを売ってしまい、

現金に変えたいものです。

 

なお、まとめて在庫を処分するには、在庫処分専門の会社があり、その活用も

考えていきたいです。

 

なお、まだ在庫管理体制ができていない会社であれば、これを機会に一気に在庫管理を

行える体制を作りたいところです。

 

在庫は、何気なしに仕入れていると、どんどん積み上がっていってしまうものです。

 

在庫の量をリアルタイムで見られるようにし、計画を持って仕入を行えるように

していきたいものです。

 

そのような仕組み作りが在庫による資金繰り困難となる原因を防ぐ第一歩となります。