利益を上げるためにおさえなければならない3つのポイントとは?

カテゴリ:資金繰り

 

 

コラム「資金繰り改善のポイントとは」

 

 

「資金繰り改善」編

 

今回は「資金繰り改善のポイント 利益を上げるためにおさえなければならない3つのポイントとは?」

についてお伝えします。

 

 

利益を上げる方法を探そう

 

 

赤字となったら、いくら資金繰り対策を行っても、最後は現金が流出する

ということになります。

 

目先の資金繰り対策を行うのもよいですが、最後はやはり、利益をどう上げていくか

それが最も大事になります。

 

利益を上げるには、単純に、次の3つの方法しかありません。

 

 

1. 売上を上げる

 

2. 粗利率を上げる

 

3. 経費を下げる

 

 

それではそれぞれ個別に見ていきましょう。

 

 

売上を上げる

 

 

売上は、原価を多くかけたり、経費を多く使ったりすれば、上がりやすいものです。

 

 

(例1)

全国紙の新聞に数千万円の広告費をかけて、大きく広告を載せた。

 

それで多くの人に自分の会社の商品やサービスを知ってもらい、売上は上がった。

 

しかし、一方で、広告費が大きくかかった。

 

売上よりも広告費が多くかかってしまし、赤字となった。

 

 

(例2)

営業マンを大量に採用し、営業活動を多く行えるようにした。

 

それで売上は大きく上がった。

 

一方で大量採用によりそれ以上の人件費がかかり、赤字となった。

 

 

(例3)

建設業や製造業で、自分の会社で受注をしようと、見積りを極端に安くして受注でき

売上は上がった。

 

しかしその仕事を行う原価が売上以上にかかってしまい、赤字となった。

 

 

このように、原価を多くかけたり経費を多く使ったりすれば、売上を上げることができますが

、一方でそれ以上に原価や経費がかかれば赤字となり、本末転倒です。

 

確かに売上を上げようと動くことは大事です。

 

会社の成長は売上を作るところから始まります。

 

しかしそれは、利益を伴った売上でなければなりません。

 

売上至上主義となり、利益がおろそかになってしまえば赤字となって、その企業はダメに

なってしまいます。

 

 

粗利率を上げる

 

 

粗利率とは、売上総利益(粗利益)を売上高で割ったものです。

 

建設業では、工事ごとの原価管理をしっかり行って原価率を下げる。

 

卸売業では、仕入価格の交渉を細かく行って原価率を下げる。

 

このようなことを、1件1件、細かく積み重ねていくことにより、粗利率が高まり、

売上総利益は大きくなります。

 

このような、粗利率を上げる取組により、利益を大きくしていくことができます。

 

 

経費を下げる

 

 

売上を上げ、粗利率を上げて売上総利益を上げることができれば、後は経費を

削減することにより、利益を大きくしていくことができます。

 

経費の中にも、無駄な経費もあれば、会社を維持していくために必要な経費、

そして将来の売上を作っていくための投資となる経費もあります。

 

経費1つ1つは性質が違うものであり、それを吟味して、経費をかけるところはかけ、

経費を下げるところは下げていきたいものです。

 

 

まとめ

 

このように資金繰り改善の為の方法の1つ、「利益を上げる」についてお伝えしました。

 

経営者の方も売上不振・減少が原因によって資金繰りが悪化したという方も多いのでは

ないでしょうか?

 

結果として資金繰り改善の為の解決策として売上を上げるという選択肢が頭の中に

浮かぶのですが、売上を上げるのは経営の中で最も難しいと言われています。

 

しっかりと自社の「強み」「弱み」を把握し、「外部環境」も加味した上で、

営業戦略を立案し、限りある資源をそこに投入し、利益向上を目指していきましょう