事業再生の経験豊富なコンサルタントが一緒になって事業改善を進めていきます。

どんなことを期待できるのか?

倒産回避策の支援


このままだと資金ショートが免れない状態の会社であれば、経営者と共に資金ショートの回避策を考え実施のご支援を致します。
資金ショート回避策には銀行対応だけでなく、得意先や仕入先などの取引先、行政や親族など取引先以外の債権者への対応もトータルで考え、倒産回避に必要な手段を経営者の方と二人三脚にて行っていきます。


破綻回避から成長軌道へ


赤字が続いている場合、どうやって黒字化し、また、資金ショートせず会社を成長軌道に乗せるか?のための分析と方策検討、実施を経営者と共に取り組みます。
倒産回避だけが事業再生ではありません。成長と安定的な継続が見込める状態が望まれます。
経営者としての意思決定は日々行輪無ければなりません。またその結果がどのような将来をもたらすか、なかなか考える余裕を持てず日々の経営をされている経営者さんは多いと思います。
厳しい状態になればなるほど、周りからの圧力は増し、仲間や頼りになる人が去っていくことは本当に多いです。
我々は事業がダメになった状況と、立ち直るための道のりを歩いた状況を数多く知っています。
だから、成長軌道に乗せるために「すべきこと」・「してはだめなこと」を、経営者のためにご助言差し上げることができます。


中長期の展望と意思決定のご支援


経営者に限らず、トップは孤独です。
答えはひとつだけではなく、いくつもあり、また経営者のおかれた状況は常に同じとは限りません。
企業経営ではしばしば技術革新や外的要因のあまりの変化に、一瞬でビジネスの価値が喪失してしまうことがあります。
ビジネスの浮き沈みをご経験された経営者の方は、この恐ろしさがお分かりになると思います。
ですから、現状維持を良しとせず、変革を望むこともあるでしょう。そのとき、頼りになるご相談相手はいらっしゃいますでしょうか。
事業の柱も1つでなく2つを希望する経営者もいるでしょうし、成長が早すぎて組織が追いつかず、踊り場を必要とすることも有るでしょう。
大きな意思決定、大きく舵を切るときこそ、慎重であるべきです。このようなときこそ財務面に明るく、苦言も励ましもしてくれる助言者が必要です。

リタイヤメントプラン


もし、会社の業績が順調で後継者をバトンタッチできる方がおり、個人財産の分与を特に考えなくてよければリタイヤメントプランは簡単です。
しかしながら、ほとんどの中小企業は負債を次世代へ残さざるを得ず、連帯保証がネックで後継者問題が難しくなり後継者へのバトンタッチが難しい状況です。
もし、後継者がおらず会社を清算、閉鎖しようとしても従業員や負債の問題があり、一筋縄でいかないとき、我々がお手伝いできることがあります。
M&Aで御社の会社又は事業部門の買受希望会社を探し、価格交渉のお手伝いを致します。また、M&A・企業法務に詳しい弁護士などのプロフェッショナルの紹介が可能です。 詳しくはこちらをご覧ください。